旧車會バイクに合わせる服装

旧車會のバイクについてご紹介します!

このサイトでは、一般人から見て気になる旧車會やそのバイクに関する様々な疑問を解決することができる内容を詳細に解説しています。
暴走族のような印象があるのに捕まらないのかといった疑問や、うるさいと感じる理由なども解説されているほか、服装や点検整備の疑問にも答える内容となっているのがポイントです。
現代でもこのような人たちが存在している理由などもわかるような内容となっており、理解を深める上で参考となる情報が網羅されているのが特徴です。

一般人から見て気になる旧車會とバイクの情報サイト

一般人から見て気になる旧車會とバイクの情報サイト 旧車會は、昔の暴走族を知っている人にとってはその違いがなかなか理解できないことも少なくありません。
バイクや車などに思い思いの改造を施し、また通常の車両とは異なる大きな爆音を発生させて走行している様子を見ると、従来の暴走族と全く変わらず迷惑であると感じる人も多いものです。
実際に旧車會のメンバーは過去に暴走行為を行っていたと考えられる人も多いことや、その時代を彷彿とさせる特攻服などを着用している人もいるため、非常に印象が良くないと言うことも少なくありません。
しかし現在では道路交通法を始めとした様々な法律が非常に厳しくなっており、その法律を超える範囲で改造等を施したり、暴走行為を行うと即捕まってしまう実態があります。
そのため、現在の旧車會では一般人にはわかりにくいかもしれませんが、法律に準拠した状態で行っているのが実態です。

旧車會仕様のバイクは取り締まり対象外な理由

旧車會仕様のバイクは取り締まり対象外な理由 アメリカンからレーシングタイプまで、70年代から80年代に生産されたビンテージバイクを愛する方々が集っているのが旧車會です。
1989年に発足して以来、毎年会員数を増やしてきて今では全国に約9,000人もの会員を有する国内最大規模の単車同好会に成長しました。
旧車會ではイベントに参加をする際は各会員の愛車を「旧車會スタイル」にカスタマイズをしないと、イベントに参加ができない決まりがあります。
このカスタマイズとは3気筒・三段シート・マフラー増幅の3種類で、どれも取り締まりの対象外となっているのが特徴です。
バイクの改造をおこなうのは非常にシビアで、ハンドル・後部シート・リア・クラッチなどは道交法の規定にそった範囲でしか手を加えることができません。
この規定に反していると取り締まりの対象となり、何かしらの処罰を下されます。
旧車會に至っては各会員が実施する愛車へのカスタム項目を事細かく定めており、すべて道交法で許可が下りているものばかりです。
例えばマフラー増幅改造であれば、騒音とはならない30db以下のマフラー装置の取り付けを徹底しており、イベント時の集団走行の際は必ず空ぶかしを禁じるルールを用いているほどです。

旧車會に関する情報サイト

旧車會のバイクの疑問を解決

新着情報

◎2020/10/30

車検には通るのか
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「バイク ビンテージ」
に関連するツイート
Twitter