旧車會バイクに合わせる服装

旧車會のバイクについてご紹介します!

旧車會のバイクは捕まらないの?

旧車會のバイクは捕まらないの? 当たり前ですが、旧車會のバイクだからという理由だけでは捕まらないのが現状です。
問題とされるのは法に触れる行為をした場合です。
ヘルメットの装着を怠ったり、信号を無視したり、制限速度を大幅に超えたり、道いっぱいに広がって走ったり、蛇行運転などの違法走行をした場合は、旧車會だけでなく一般車両も当然ながら取り締まりの対象となります。
不正改造したバイクに乗ったり、エンジン騒音を撒き散らしたり、空ぶかし、またミュージックホーンを大音量で鳴らすなどの行為も避けなければなりません。
旧車會は平均年齢が高く、普段は良識ある大人が多いため、未成年者が主体の暴走族に比べれば実際に摘発される人数は少ないですが、大勢が参加し、テンションが高くなりがちなイベントでは注意が必要でしょう。
また、大規模なイベントでは、商業施設などの駐車場で管理者側の許可を事前に得ずに行われることも稀にあるようですが、その場合もやはり摘発の対象となります。
要は、一般の走行車両や周辺住民に迷惑をかけたり、不安を与えたりする行為を行わないよう、マナーに細心の注意を払うことが重要です。

旧車バイクの愛好団体の旧車會の違法性について

旧車バイクの愛好団体の旧車會の違法性について 旧車會は、暴走族のように改造した旧車バイクに乗る集団です。
大音量でホーンを鳴らしたり、迷惑な走行をする集団が多く存在しています。
旧車會の中には違法性のある走行をしない団体もありますが、違法改造をしたり迷惑走行をしたりすることが多いです。
単に旧車に乗る集まりの旧車会とは区別されて、会のところが旧字体になっています。
旧車会の方はレトロバイクを楽しむ集団で特に違法性があることを行っていません。
暴走族との大きな違いは年齢層が高いということです。
暴走族は未成年が中心となった集団ですが、旧車會は普段は会社員として働いている人が参加しています。
団体の数は多く、違法走行を楽しむことなくおとなしくしているところもありますが、一般公道で騒いで暴走族のように周囲に迷惑をかける物まで様々です。
騒音や道路の危険などを巻き起こす存在として旧車會は社会問題となっているので、警察の方でも暴走族と同じように取り締まりを強化しています。

新着情報

◎2020/10/30

車検には通るのか
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「バイク ニュース」
に関連するツイート
Twitter